ケミカルアンカーとは?

ケミカルアンカーとは?

ケミカルアンカーとは、化学反応よって全ネジ(寸切りボルト)や異形棒鋼を固定するものです。

一般的には、ケミカルアンカーとよばれていますが、日本デコラックス社の商品名です。

代表的なメーカーである旭化成ケミカルズ社ではケミカルセッターという呼び名になります。

正式には、接着系アンカーと呼びガラス管のようなものに入っているものとカートリッジ式で

専用ガンを使って注入するものがあります。ガラス管タイプには、無撹拌タイプ(打ち込み式)と

撹拌タイプ(電動工具による打設撹拌)があり、使用する全ネジ(寸切りボルト)が異なります。

撹拌タイプ(例:旭化成APアンカー、日本デコラックスRNタイプアンカー)の場合は、全ネジの

先端が45度に斜めカットしたものを使います。また、一般的には、撹拌タイプには異形棒鋼は

撹拌できない為、使用できませんので、異形棒鋼のコの字に曲がったようなものは、無撹拌タイプ

を利用します。ケミカルアンカーの長所としては、すでに出来上がっているコンクリート土台や壁に

ドリルで穴を開け、穴を掃除したあとケミカルアンカーを穴に挿入して全ネジ等を打ち込みだけですので

施工が簡単で作業効率も抜群です。施工箇所が多い場合は、カートリッジ式を利用すればさらに

効率があがります。

通常のアンカーボルト
通常のアンカーボルト施行例 通常のアンカーボルトは、コンクリート打設前に鉄筋にアカンーボルトを結束固定し、

位置出しを行い、コンクリートを流し込みます。位置出し、埋め込み深さ調整

アンカーボルトの出の長さ調整などに注意が必要なため、大変手間がかかり

工事代金も高額になります。

ケミカルアンカーの施工

ケミカルアンカー
ケミカルアンカー施工場所 ケミカルアンカーは、○印の位置に柱を立てたりする場合

出来上がったコンクリート基礎に直接穴を開け

ケミカルアンカーと全ネジ等を挿入します。

ケミカルのカプセルが粉砕されることにより

カプセル内の接着剤が化学反応をおこし

全ネジ等をコンクリートに固着します。

位置出しや出の調整も簡単で作業性が良く

特に現場施工の場合は、おすすめの工法です。

硬化時間は、夏場は早く(20~30分)

温度の低い冬場は、遅くなります。

吉川商工