ケミカルアンカーの豆知識

 

ケミカルアンカーとは、化学反応を利用した接着剤によって全ネジや

異形鋼棒を固定するものである。日本デコラックス社の商品名で、正式に
接着系アンカーという。

旭化成では、ケミカルセッターと呼ばれています。

試験管のような容器に入っていることが多く、カプセル型接着系アンカーとも呼ぶ。

コンクリートにドリルで穴を開け、ブロワーで切り粉を除去し、

更にケミカルブラシで孔壁の粉塵を除去、更にブロワーや

集塵機で清掃したあと、ケミカルアンカーを穴に挿入。

先端を斜めに切った全ネジや異形鋼棒を打ち込むことによって

ケミカルアンカーの容器が破壊され、化学反応が起こり、しばらくすると固定する。

すでに打設済みのコンクリート基礎や壁に施工するため、

位置出し等が簡単で施工性が良い工法です。

 

建築耐震、外壁補修、橋梁関連工事、港湾河川関連工事、

設備関連工事などあらゆる分野で使用されています。

ケミカルアンカー使用例

車止め取付 係船環取付 係船柱取付 ケーソン吊筋アンカー工事
通信、電力ケーブル設置 船揚場滑り材取付 タラップ、ステップ、梯子取付 船揚場レール止補修
トンネル工事 耐震工事 ケーソン吊り 地域冷暖房
防音壁設置工事 ガードレール設置工事 耐震補強 落橋防止
差し筋 高速道路裏面吸音板設置工事 防舷材取付 ケミカルアンカーのことなら
株式会社 吉川商工

電話 0265-22-4750

FAX 0265-52-5640

Eメール yoi1@y-syoko.com

 

ライン

吉川商工